名古屋の医学部を目指し、浪人したので、予備校に入りました。

二人で医学部合格を目指して猛勉強

そこから二人で勉強漬けの毎日が始まりました。
英語を鍛える為に日常の会話も全て英語で行うようにしました。
外でも英語で話していました。
たまに日本語を忘れて、お店でも英語で話してしまい、店員さんを困らせてしまいました。
日常を全て英語にする事により語学力は向上を続けて、模擬試験は全国ベスト10に入りました。
もちろん彼も同じです。
そしてとうとう運命の受験日を迎えました。
ここまで長い道のりでした。
浪人中に彼に出会わなければ、私は医学部を諦めていました。
予備校にも感謝で一杯です。
そんな気持ちで受験に挑み、もちろん結果は合格でした。
彼と二人で楽しい大学生活が始まりました。
大学では彼とずっと一緒で時間が過ぎるのがとても早く感じられました。
実際に6年間一緒に過ごしましたが、私の中では1ヶ月位の感覚でした。
そしてとうとう卒業を迎えました。
私は内科医で彼は外科医です。
お互いが内外の身体の悪い部分を治して行こうということで決まりました。
親も彼との結婚を許してくれました。

姉と同じく医者になる事に / 予備校で好きな人ができた / 二人で医学部合格を目指して猛勉強 / 内科医として非常に嬉しかった