名古屋の医学部を目指し、浪人したので、予備校に入りました。

内科医として非常に嬉しかった

姉と同じく医者になる事に / 予備校で好きな人ができた / 二人で医学部合格を目指して猛勉強 / 内科医として非常に嬉しかった

そしてそこから5年後に彼と結婚しました。
彼は独立を考えており、もうすぐ二人だけの病院を持つ事が出来ます。
彼と私で盛り上げていきたいです。
それに彼の腕は天才的で患者の身体に傷がほとんど残りません。
私はそこまで才能がないので、誤診だけはしないようにいつも注意して、患者との問診時間を長く取る様にしていました。
それが患者には好評で、話をじっくり聞いてくれる内科医として、テレビでも取り上げられました。
患者にそこまで慕ってもらえるのは内科医として非常に嬉しかったです。
これからも患者の声に耳を傾けて、精一杯頑張ります。